東海道

お知らせ

rj06富士t4uttl

いつもご愛読ありがとうございます、「RAMBLE JAPAN」管理人です。

おかげざまで「一巡せしもの-東海道編」は昨日の[敢國神社・続 08]をもちまして無事に完結いたしました。

これもひとえに、読者の皆様の長き亘るご愛読の賜物と感謝いたしております。

さて「一巡せしもの」は暫しのお休みを頂き、10月より次編「畿内編」をスタートいたします。

それでは変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。 

一巡せしもの[敢國神社・続]08

rj08続敢國

獅子神楽は悪魔払獅子、厄除御獅子として奉奏されるのだ。

しかも現在、伊賀地方の各町で行われている獅子神楽の原型でもある。

さらには「伊勢大神楽」にも多大な影響を及ぼしたとも言われている。

伊勢大神楽とは獅子舞をしながら伊勢神宮の神札を配布して回った人々のこと。

ちなみに獅子神楽は三重県の無形民俗文化財に指定されている。

帰路は拝殿横から伸びる裏参道を伝って戻る。

拝殿の左隣には神様の台所たる神饌所、その左隣に神輿蔵。

その先には摂社末社がズラリと並んでいる。

若宮八幡宮、子授けの神、楠社、神明社、むすび社、大石社…ひとつひとつ眺めながら歩く。

小さな祠が多いが、むすび社や大石社のように専用の鳥居を構えているものもある。

表参道に摂社が市杵島姫社しかなかったことを思えば、実はこちらのほうが“表”の参道ではないかと錯覚してしまいそうだ。

裏参道も尽き、来訪時に見た真新しい社号標の前に出た。

敢国神社への再訪、どこか唐突に終わった感じだ。

佐那具駅へ、来た道を再び戻る。

空は曇っているが、雨粒が落ちてくるほどでもない。

伊賀一之宮インターチェンジ近くでは薄曇りの空を背景に、梅の木が花を咲かせている。

東海道諸国の一之宮巡礼、梅の花に見送られながら、ここ伊賀国にて幕を閉じた。
 
[旅行日:2014年3月20日]

一巡せしもの[敢國神社・続]07

rj07続敢國

ただ、なぜ男神の金山毘古命ではなく女神の金山比咩命だったのかは、よく分からない。

大彦命も少彦名命も男神だったので、バランスを取ったのだろうか。

石段を降りると、目の前に絵馬殿が立っている。

壁は上方と下方のみにあり、真ん中はポッカリと穴が空いている。

中に入ると上方に、昔のものらしき大きな絵馬が掲げられていた。

とはいえ、なぜか中には軽トラックが駐車している。

現在では駐車場として利用されているようだ。

再び石段を登って拝殿の前に立ち、今度は左側へと回り込み、横から拝殿と祝詞殿を眺める。

ガラスの格子戸と本殿を包み込む瑞垣の菱格子がコントラストを描き、いい感じに古寂びた木造建築と絶妙の美しさを醸し出す。

ここ伊賀国は忍者で有名だが、一方で芸能発祥の地でもある。

鎌倉時代に隆盛を迎えた能楽の始祖と伝わる観阿称は伊賀の出身。

能楽が武士階級の娯楽に発展した頃、獅子神楽が庶民階級に普及していった。

敢国神社に伝わる獅子神楽もまた、この時期に生まれたものと推測される。

敢国神社は伊賀上野城の鬼門を鎮護する守護神でもある。
 
[旅行日:2014年3月20日]

一巡せしもの[敢國神社・続]06

rj06続敢國

伊賀国阿拝(あえ)郡を拠点にしていた大彦命一族が「阿拝」「敢」「阿閉」「阿部」「安倍」と呼ばれていたことも前回の参詣時に触れた。

「同殿」とは同じ神殿に、という意味か。

「與阿倍久爾神同殿」とは「大彦命と同じ神殿に与(くみ)せよ」。

つまり「大彦命と同じ神殿に祀ってくれ」と訴えたのだろう。

この神異に従い、さっそく金山比咩命の遷座合祀が執り行われた。

こうして敢國神社の祭神は大彦命、少彦名命、金山比咩命の三神になったという。

桃太郎岩の右手に裏側へと小径が伸び、その先に細い石段が続いている。

登っていくと社殿の左端に出た。菱格子の隙間から中を覗き本殿を見てみる。

それにしても、なぜ美濃国一之宮から金山比咩命を勧請したのだろうか?

伊賀国一帯には古代の製鉄遺跡が数多く遺っているという。

少彦名命は渡来人の秦氏が信仰していた神であり、伊賀の製鉄技術は秦氏が大陸から持ち込んだもの。

一方、金山比咩命は金山毘古命の后神とも妹神ともいわれている。

いずれも伊邪那美命(いざなみのみこと)の吐瀉物から生まれた、鉱山を司る神々。

製鉄が盛んだった伊賀地方の人々が鉱山の神、製鉄の神を勧請したのも自ずと理解できる。

[旅行日:2014年3月20日]

一巡せしもの[敢國神社・続]05

rj05続敢國4T13

もともと少彦名命を祀る神社は南宮山山頂付近にあり、後に現在地へ遷宮したことは前回の参詣時に触れた。

斉明天皇4(658)年に敢國神社が現在地に創建され、南宮山頂から少彦名命が遷宮された後のこと。

南宮山頂にあった社殿の跡地に、新たに神社を創建することとなった。

しかし当時の有力者たちの間で、どの神様を祀るかについて喧々諤々の大論争が繰り広げられた。

結局、美濃国一之宮南宮大社の御祭神、金山比咩命(かなやまひめのみこと)を勧請することに。

「南宮山」という山の名前も、この南宮大社から来ているのではないか…と推測されているそうだ。

南宮山にあった金山比咩命が敢國神社の本殿に合祀されたのは、創建から319年後の貞元2(977)年との記録がある。

合祀については次のような神話が残っている。

ある日、金山比咩命を祀った社殿が轟音とともに激しく揺れ出した。

音と揺れが止まると社殿前に立っていた御神木の幹に、虫食いの跡が文字となって現れた。

そこに記されていたのは「與阿倍久爾神同殿」と言う8文字の漢字。

神学の素人にして漢文の浅学である自分が我流で読み下してみると。

「阿倍久爾神」とは「あへくにのかみ」…つまり敢國神社の主祭神、大彦命のことだろう。
 
[旅行日:2014年3月20日]

一巡せしもの[敢國神社・続]04

rj04続敢國4T10

会館の手前に古い社号標が立っている。

「元国幣中社」と刻まれているから戦後に造られたものだろうか。

大鳥居は朱塗りの両部鳥居で、正面に掲げられている扁額は木製。

石造りの扁額はよく見かけるが、木製とは珍しい。

そういえば参道の入口に鳥居は立っていなかった。

摂社末社の鳥居は各々あるが、敢國神社そのものの鳥居はここだけらしい。

大鳥居をくぐると正面に石段があり、その上に拝殿が鎮座している。

大鳥居と石段の間はそれほど距離がなく、左に社務所、右に絵馬殿があり、社務所はそのまま崇敬者会館に続いている。

石段を登り拝殿の中を覗いてみると、正面中央には上段の祝詞殿へと続く階段があり、その奥に本殿が鎮座している。

階段入口の両脇には錦旗が吊り下げられ、上側には御祭神「少彦名命」「大彦命」「金山比咩命」の名を記した扁額が掲げられている。

拝殿から石段を降りて境内の右側へ回りこむと、御神水の井戸が祀られていた。

その右後ろには「桃太郎岩」が鎮座している。

今を遡ること550年前、前方に聳える南宮山頂から遷された岩という。

安産や子育て守護の霊石として篤く崇拝されているそうだ。
 
[旅行日:2014年3月20日]

一巡せしもの[敢國神社・続]03

rj03続敢國4T06

しかし「るみ子の酒」は尾瀬氏絡みの話題より「探偵!ナイトスクープ」などのテレビ番組が「爆発する酒」として紹介したことで有名になった。

とはいえ「爆発する酒」は幾つか種類のある「るみ子の酒」の中でも「特別純米 活性濁り生原酒」だけで、あとは普通の清酒。

なお、他銘柄の「妙の華」「英-はなぶさ-」も含め、森喜酒造場では純米の酒しか醸造・販売していない。

森喜酒造所の酒倉を眺めつつ、敢国神社への道を急ぐ。

それにしても、田園に囲まれた小さな集落の一角に、純米酒だけを律儀に醸造し続ける小さな酒倉があるとは。

伊賀の国、さすがに懐が深いところだと感心する。

名阪国道(25号線)をくぐり、古寂びた道を往くうち、敢国神社の参道入口に到着。

前回訪れた時は既に日が暮れて薄暗闇だったので、実質的に初めて見る。

県道676号線を間に挟んで常夜灯が立ち、入口には真新しい社号標が聳立している。

参道の緩やかな坂道を登っていくと途中左手に摂社の市杵島姫社が鎮座。

池に浮かぶ小島の上に朱塗りの鳥居と社殿が鎮座し、背後を覆う森の緑と絶妙なカラーバランスを描いている。

崇敬者会館の横を通り過ぎると、その先に朱色の大鳥居が姿を見せた。

[旅行日:2014年3月20日]

一巡せしもの[敢國神社・続]02

rj02続敢國4T02

貴生川駅へ戻り、下校する高校生たちと一緒に柘植行きの電車に乗る。

平日の昼下がりとあってか閑散とした車内で、コンビニのおにぎりをパクつく。

味気ないといえば味気ないが、普通電車の中で食べる今どきの“駅弁”なんて、こんなものだろう。

14時40分、到着した柘植駅で関西本線に乗り換え。

その僅か2分後に来た加茂駅行きディーゼルカーに乗り換え14時54分、佐那具駅に着いた。

前回の参詣から1年3ヶ月ぶりに訪れた佐那具の街。

柘植川の流れも石造りの古い橋も、何も変わらない。

橋を渡った先にある大和街道もまた、落ち着いた佇まいのまま。

ただ、前回は駆け足で通り過ぎただけに、今回は些細に鑑賞しながら歩く。

重厚な土塀、黒い板壁、虫籠窓のある軒下…切妻造の伝統家屋が何棟も連なっている。

国道25号線を越え、少し先で二手に分かれた道を左側へ進むと、稲田に囲まれた細い道を行くと千歳という集落に出る。

その中に、壁に「手造りの酒倉」と掲げたひときわ大きな木造建築が立っている。

地酒の蔵元、森喜酒造場。

看板銘柄「るみ子の酒」は漫画「夏子の酒」の作者尾瀬あきらが命名し、ラベルのイラストも手がけている。

[旅行日:2014年3月20日]

一巡せしもの[敢國神社・続]01

rj01続敢國4T01

平成24(2012)年12月24日に訪れた伊賀国一之宮「敢國神社」。

しかし到着した頃には既に日は落ち、暗闇の中で何も見られず仕舞い。

それを悔いること1年余…こたび改めて敢國神社の再訪を決意した。

JR琵琶湖線草津駅に到着したのが13時ごろ。

草津線の次の電車は13時25分発。

30分弱の待ち時間は昼食を取るにも中途半端。

結局、草津では何も食べることなく5350M電車に乗り込む。

だが、この電車も途中の貴生川駅止まり。

それでも貴生川駅といえば近江鉄道や信楽高原鉄道との接続駅。

それなりに栄えているだろうと期待して出てみたら、特に何もない。

駅前から伸びる道を歩いて行くとラーメン屋とコンビニがあった。

しかし近場に飲食店が他に見当たらないせいか、結構ラーメン屋も混んでいる様子で入るのを躊躇する。

もう少し足を伸ばして広い通りまで出れば、ロードサイド店があるかも知れないが。

あまり駅から離れても次の電車に間に合わないようでは元も子もない。

結局ここでの食事は諦め、コンビニでおにぎりとお茶を買った。

[旅行日:2014年3月20日]

一巡せしもの[伊雑宮・続]09

rj09神宮内宮ttl

もう夕方で参拝時間も終了間近だというのに、参拝者が後から後からひっきりなしにやって来る。

最近では皇祖への崇敬というより、日本最大のパワースポットとしてご利益に与ろうという向きが圧倒的に多いようだ。

拝まないよりは拝むに越したことはないだろうけど、現世利益しか頭にないというのもどこか浅ましい。

頭には現世利益しかなくても胸の内に相応のリスペクトを抱いてなければ、天照大御神もリクエストに応えようと思わないのでは?

参拝を終えて再び宇治橋から五十鈴川を、今度は先程と反対の下流方面を臨む。

川岸に「神宮奉納大相撲」の幟旗がはためいている。

奉納大相撲は毎春、伊勢神宮で行われるトーナメント戦。

地方巡業のようなものだが、そこは伊勢神宮への奉納相撲、中身はゴージャスなようだ。

宇治橋を渡り、再び神宮内宮前バス亭へ。

そこから両側に無数の和風建築を従えた石畳の通りが一本スーッと伸びている。

伊勢神宮内宮の門前町としておなじみの「おはらい町」。

飲食店や土産物屋がひしめき合うおはらい町をブラブラしながら、伊勢神宮内宮を後にした。

[旅行日:2014年3月17日]

一巡せしもの[伊雑宮・続]08

rj08神宮内宮08

五十鈴川の水を手で掬ってみると、掌から清冽な冷感が身体中を駆け巡る。

この中に身を投じろというのだから、昔は参拝者に過酷な要求を突きつけていたものだ。

しかし、こうした苦難を乗り越えてこそ、神徳の有り難みが感じられるということなのだろう。

一の鳥居から左側へ続く緩やかなカーブを進むと、その先に二の鳥居が聳立している。

二の鳥居をくぐると左側に御祈祷の御神楽が行われる神楽殿。

社殿の前には無数の奉献酒が並んでいる。

さすが御伊勢様、日本中から銘酒が献上されている。

さらに先へ進み、境内で最も奥まった場所に行き着く。

そこに正宮が鎮座している。

昨年、第62回式年遷宮が行われたばかりで社殿はピッカピカだ。

写真の撮影は石段の下までで、ここから上は禁止されている。

社殿の建築様式は屋根の庇側に入口が付く平入りの唯一神明造。

切妻の棟には鰹木が10本並ぶ。

棟の両端に∨字型に突き出た千木は先端が水平に切られた「内削」。

これらは女神が祀られていることの証だ。

[旅行日:2014年3月17日]

一巡せしもの[伊雑宮・続]07

rj07神宮内宮05

気怠い空気が漂う車内でマッタリとした時間を過ごすうち、五十鈴川駅に着いた。

伊勢神宮内宮へ向かうのなら、実はこの駅が狙い目。

内宮へは伊勢市駅か宇治山田駅からバスで向かうのが一般的だが、バス運賃が少し高目なのがネック。

その点、五十鈴川駅から「CANばす」を利用すると210円で済む。

「CANばす」とは三重交通が運行している伊勢二見鳥羽周遊バスのことだ。

五十鈴川駅からCANばすに揺られること10分弱で神宮内宮前バス亭に到着。

平日の夕方だというのに大勢の参拝客が訪れている。

さすが日の本一の大神宮だけあるなぁと感心。

神宮内宮の表玄関、宇治橋を渡る。

宇治橋は木造で長さは101.8メートル。

橋上から眺める五十鈴川は神々の息吹が感じられる風景。

宇治橋を渡り終えたところに聳立する鳥居。

鳥居は反対側、つまり両端に聳立している。

どちらの鳥居も正宮の旧正殿棟持柱(むなもちばしら)を再利用しているそうだ。

神苑を通り抜けて手水舎の前に聳立する一の鳥居をくぐる。

その右手の先には五十鈴川の畔にある御手洗場。

川岸には石垣が築かれ、対岸の手前に広がる賽の河原の白い礫と、奥に広がる森の緑が美しいコントラストを描いている。

今は手水舎で手を洗って済ましているが、往年はここで全身を禊いでから参拝したという。

[旅行日:2014年3月17日]

一巡せしもの[伊雑宮・続]06

rj06神宮内宮01

遺跡群から東側に下っていく細い坂の先には「風呂屋の谷」という湧水池がある。

風呂屋といっても銭湯ではなく、昔は伊雑宮に参拝する前ここで身を清めた“禊所”だ。

風呂屋の谷から坂を登って再び伊雑宮の門前へと向かって歩くと、途中に世古長官家の屋敷跡がある。

世古家は先出の中家と並び、伊雑宮の長官を代々務めてきた氏族。

屋敷跡そのものは別の個人所有地となっているが、石垣の一部は往時のまま残されているそうだ

上之郷駅へ戻ると近鉄特急ビスタカーの回送車が停車していた。

ここで対向車との行き違いを待っているのだろうが、長大編成ゆえに車両がホームに収まり切れず端がハミ出ている。

春先の穏やかな陽気の中、ホームのベンチに座ってビスタカーを眺めているうち、発車時間が来たのかユルユルと動き出し、賢島方面に向かって走り去った。

その様子をボーッと眺めていると、ビスタカーが消えた方角から今度は鳥羽方面行きの各駅停車の姿が。

電車に乗ると車内はお伊勢参りの女性やカップルが目立つぐらいで、閑散としていた。

これからどこへ向かうかというと、伊勢神宮内宮へ参詣に行こうと思う。

平成24年の天皇誕生日に伊勢神宮外宮へ参拝して以来、1年数ヶ月の間が空いての内宮参拝。

式年遷宮も無事に終わり、新たな節目を迎えた伊勢神宮。

だが、マスコミが撒き散らす「伊勢ブーム」ごときに踊らされず、地に足を付けて参拝したいところだ。

[旅行日:2014年3月17日]

一巡せしもの[伊雑宮・続]05

rj05続伊雑宮4T13

境内を辞し、前回も訪れた「御師(おんし)の家 森新」へ。

森新の屋号は御師・森新左衛門の名前が由来。

御師制度は明治4(1871)年に廃止されたが家系は受け継がれ、現在は森新太夫の末裔が築100年の自宅を改装。

平成24(2012)年から御師に関する資料をボランティアで展示している。

それほどスペースは広くないのだが、隅から隅まで展示品がビッチリと詰まっている。

その中に「塩」と「米」が白い紙袋に入れて並べられ、無料で配布されていた。

米も塩も森さんが自ら作ったもの。

もちろん食べられるのだろうけど、逆に勿体なさ過ぎてとても食べられない。

森新から北へ伸びる細い道を進むと「倭姫命の旧跡地」「千田の御池」「秋葉堂・庚申堂」といった遺跡群がある。

秋葉堂の中には秋葉社と庚申碑が祀られている。

しかし御堂の前には「伊弉諾神 伊弉冉神」「伊佐波登美命」と標柱が2本立っている。

御堂の御祭神が変わったのだろうか?

イザナギ・イザナミはまだしも、伊佐波登美命が祀られているのは興味深い。

伊佐波登美命は伊雑宮の本来の御祭神だったはずだが、その名はどこにもない。

伊雑宮にも伊佐波登美命の名を残そうという動きがあるのだろうか?

[旅行日:2014年3月17日]

一巡せしもの[伊雑宮・続]04

rj04続伊雑宮4T08

ちなみに「竹取神事」で争奪されたゴンバウチワは小片に切断されて「御神竹」となり、参加者各自が銘々持ち帰って自宅や船の神棚に祀るのだそうだ。

「御神竹」は大漁や海上安全の神様。

だからこそ漁師しか参加できなかったのだろう。

とまあ、実際には見ていないものを、さも見たかように綴ってしまった。

まだまだ冷たい春風が吹き抜ける目の前の御料田からは、そうした賑やかな光景を想像するのは難しい。

御料田への参拝を終えて伊雑宮の境内へ。

一の鳥居をくぐり、緩やかなS字のカーブを描く参道を奥に進むと、前訪時とは風景が一変していた。

正殿の隣に、何やら建築中。

正殿との間は木の板で仕切られ、その向こう側で高い櫓が建築用の白いシートで覆われている。

平成25(2013)年の伊勢神宮・両正宮の式年遷宮に続き、同26(2014)年は別宮のご遷宮が行われる。

もちろん伊雑宮も同年5月に式年遷宮の立柱祭、上棟祭が行われ、秋には新しい正殿へ「遷御の儀」が挙行される。

これは戦後4回目、平成に入ってからは2度目の式年遷宮になるという。

[旅行日:2014年3月17日]

一巡せしもの[伊雑宮・続]03

rj03続伊雑宮4T05

鳥居の向こう側には田圃が三反ほど広がる。

御料田の周囲も一面の田圃なのだが、その境は柵で仕切られている。

御料田の敷地には隅に「神宮」と掘られた石杭が打たれ、ここが伊勢神宮の御神域であることを世に知らしめている。

鳥居をくぐって御料田に近づいてみる。

まだ田起こしも行われていない冬眠中の御料田は、春の訪れを告げる祭りの到来をひっそりと待っているかのよう。

鳥居の隣に立つ「磯部の御神田」の式次第によると、まず11時20分ごろから「竹取神事」が行われる。

御料田の西端に立つ杭に高さ10メートルはあろうかという太い青竹が縛り付けられ、その先端に「ゴンバウチワ」という巨大な団扇が括り付けられている。

その青竹が杭から解かれ御料田に向かって倒されると、大勢の男衆が褌姿でゴンバウチワを奪い合うという、とてもマスキュランな行事である。

ちなみにひと昔前まで、竹取神事には地元の漁師しか参加できなかったそうだ。 

続いて11時30分ごろから祭事のハイライト「御田植の神事」がスタート。

謡(うた)や鼓や笛太鼓が奏でるお囃子に乗って、当番区の奉仕役人(やくびと)たちが古式ゆかしく一列に並んで田圃に早苗を植えていく。

途中まで来たところで一旦停止。

それまで簓(ささら)という楽器を担当していた2人が、御料田の真ん中で「刺鳥差(さいどりさし)」という舞踊を舞う。

その間、一同は若布(わかめ)を肴に一時の宴を張り、刺鳥差が終わると田植え再開。

最後は一同が列を為し、御料田から踊りながら伊雑宮へ向かう「踊り込み」で締めくくる。

この踊り込み、伊雑宮一の鳥居まで僅か200メートルほどの距離を、たっぷり2時間かけて練り歩くそうだ。

[旅行日:2014年3月17日]

一巡せしもの[伊雑宮・続]02

rj02続伊雑宮4T05

伊雑宮の一の鳥居の前に来た。

が、境内には入らず、まずは南に位置する御料田へ向かう。

前回の参詣で御料田をスルーしたことが、ずっと心に引っかかっていた。

このため今回の参詣は正宮より御料田のほうが目的と言っていいぐらいの気持ちでいる。

境内の南にある参拝者駐車場を横切り御神田広場へ。

以前ここにあった御料田を西へ移し、広場として整備したものだ。

広場といっても真ん中を御料田へ一直線に伸びる参道が通っているぐらいで、あとは何もない。

いや、広場の南端に「磯部の御神田(おみた)」についての解説板と、国重要無形民族文化財指定の記念碑が立っている。

伊雑宮の御田植式(おたうえしき)「磯部の御神田」は日本三大御田植祭のひとつで、毎年6月24日に御料田で行われる。

ちなみに他の二つは下総一宮香取神宮、摂津一宮住吉大社の御田植祭との由。

祭りの始まりは平安時代末期、ここで稲作が始まった「白真名鶴」の伝説と結びつき、鎮座地の磯部九郷で現在に至るまで伝承されてきたものという。

その御料田へ歩を向ける。手前には黒木の神明鳥居、奥には忌柱が立っている。

黒木鳥居とは丸太の皮を削らず、自然木のまま用いた最もシンプルな形式の鳥居。

社殿のない場所で神事が行われる際に立てられるという、非常に珍しい鳥居だ。

[旅行日:2014年3月17日]

一巡せしもの[伊雑宮・続]01

rj01続伊雑宮4T03

平成24(2012)年のクリスマス・イブに訪れた志摩国一之宮「伊雑宮(いざわのみや)」。

しかし余りに先を急ぎ過ぎたせいか、肝心要のところを見落としてしまった。

それを悔いること1年余…こたび改めて伊雑宮を再訪することにしたものだ。

近鉄志摩線上之郷駅。ここへ来るのも1年数ヶ月ぶり。

駅から前回と同じ道筋を辿って伊雑宮へ向かうが、周辺の景色にさしたる変化はない。

だが今回は時間に余裕があるので、視界に入る建物が初めて見るかのようで新鮮だ。

途中「中長官家の長屋門」という古い建物が立っている。

伊雑宮の長官を代々務めてきた中家の屋敷の、南西部入口に遺されている長屋門の一部。

家屋は建て替えられているが長屋門は往時のもので、城壁と黒い腰板が往時の姿を今に伝えている。

道を進んだ先の角には前回も通りすがりに見かけた鰻料理の旅館中六(ちゅうろく)。

昭和4(1929)年の建築という建物は国の登録有形文化財にも指定されている。

その屋号は御師中六太夫の名に由来する“御師の家”だったことは前回も触れた。

往時は旅館として営業していたが、現在では割烹だけの模様だ。

中六と道を挟んだ向かい側にある建物は「神武参剣道場」。

昭和36(1961)年、吉角旅館の跡地に建てられた武道場。

建材には昭和34(1929)年の伊勢湾台風による倒木が数多く用いられているそうだ。

こちらも現在、国の登録有形文化財に指定されている。

[旅行日:2014年3月17日]

一巡せしもの[敢國神社]07

rj07敢國4T019

佐那具駅から隣の伊賀上野駅へ行き、伊賀鉄道に乗り換えて上野市駅で途中下車。

クリスマス・イブということもあってか、駅舎は電飾でピッカピカ!

上野市駅は忍者の里であり松尾芭蕉の生誕地でもある伊賀上野の根拠地。

その「日本の神秘」とも言うべき場所が、クリスマス・イブというだけで、こんなにギラギラになっているとは…。

もし外国人が見たら、その目には一体どんなふうに映るのだろうか?

いや、これはこれで“JAPANESE COOL”の一言で片付けられるのだろう。

伊賀神戸行の電車に乗り込み、車内にて(それにしても敢國神社には無礼なことをした)と改めて思う。

この旅は御朱印集めの“スタンプラリー”ではない。

各神社の境内に満ち満ちる神気を吸引し、神前で手を合わせ、頭を垂れ、祭神と“一体化”することが目的。

なのに“日没”というだけで目的意識が虚ろになり、迎春で慌しい敢國神社の皆さんの手を煩わせることになろうとは。

これは必ず再び訪れねばなるまい…その気持ちの強まり方は伊雑宮の比ではない。

東海道最後の一之宮敢國神社の参拝を終えたものの、どこかに“未遂”という無念の思いを抱えたまま、伊賀の国を後にした。
 
[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[敢國神社]06

rj06敢國4T017

真っ暗な中、石段をソロっと下る。左右を見渡しても境内の構築物は何も見えない。

御朱印帳を受け取りつつ、多忙の中お手間を取らせたことを謝して境内を後にする。

来る時には気付かなかったが、入口の前にバス停を発見。

これは佐那具駅の隣にある新堂駅に近い伊賀支所と、伊賀鉄道上野市駅を結ぶ路線。

つまり乗り換え時に降車した上野市駅からバスで門前まで来ることができるというわけだ。

往路を巻き戻すように佐那具駅への道程を歩く。

来た時とは違い、とっぷりと陽も暮れ、街頭もない夜道は暗い。

空には雲が薄い膜を張り、月明かりが射すこともない。

ただ、もう日没を気にする必要もないので、薄闇の中にひっそりと佇む千歳の集落や大和街道沿いの街並みを堪能しつつ、ゆっくり歩きながら佐那具駅へ。

関西本線の中でも名古屋近郊の亀山駅以東と奈良近郊の加茂駅以西は電化されている。

しかし亀山駅と加茂駅の間は未だ非電化で“味噌っカス”の如く扱われている。

とはいえ、ここは駅は駅。

部活の練習を終えて帰宅する中高生を、次々と家族が車で迎えに来る。

その姿に敢國神社を参拝して良かったと、素直に思えた。
 
[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[敢國神社]05

rj05続敢國4T12

主祭神の大彦命、又の名を敢國津神(あえのくにつかみ)は紀元350年頃、第八代孝元天皇の長子として誕生した。

第十代崇神天皇の詔により「四道(しどう)将軍」の一人として子の建沼河別命(たけぬなかわわけのみこと)と共に北陸・東海を征討。

その後、大彦命一族は伊賀国に移住し、阿拝(あえ)郡(現阿山郡)を拠点にしたので「阿拝氏」を名乗るように。

その後「敢」「阿閉」「阿部」「安倍」とも呼ばれるようになった。

「あえ」とは「あべ」の原音であり「あべ」姓の総祖神でもあるそうだ。

「アベノミクス」も歴史を遡れば敢國神社にたどり着くということか。

それにしても主祭神の大彦命に対して配神が少彦名命とは少し出来過ぎのような気もするが、別にシンメトリーを狙っているわけではない。

大昔、伊賀地方には渡来人一族である秦(はた)氏が住んでいた。

彼らが朝鮮半島から持ち込んだ先進技術によって伊賀組紐や伊賀焼などの伝統工芸品が生まれ、今でも伊賀地方の特産品として全国的に知られている。

秦氏の信仰していた神が少彦名命であり、往時は現在の南宮山山頂付近に祀ってあった。

それが敢國神社の創建時に南宮山から現在地へと遷座したという。

敢國神社は大彦命一族の末裔である阿拝氏と、渡来人の秦氏の“混血”による神と言えるだろう。
 
[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[敢國神社]04

rj04敢國4T013

だがしかし、既に日は西の地平線に没し、境内を歩くも真っ暗で何も見えない。

とはいえ、まだ時刻は午後5時前。周囲の暗さとのギャップに惑わされてはいけない。

社務所を覗いてみれば煌々と明かりが灯いている。

御朱印を賜るべく中に入ってみると、そこはまさに“戦場”だった。

来るべき新年を迎えるに当たり、氏子への賀状を用意したり、御札や御守りを準備したりと神職総出で大わらわ。

世間はイエス・キリストの誕生日を翌日に控え、ケーキにパクつきシャンメリーを喰らいプレゼントを交換している(はず)なのに。

だが、ここにはクリスマス・イブの“ク”の字もない…当然といえば当然だが。

社務所に入り中へ声を掛けたものの、皆さん仕事に集中していて気がつく素振りがない。

ならばと次は少し強目に声を掛けると、今度は皆さん“ハッ!”とした顔で一斉に振り返った。

その表情、なかなかお目にかかれるものではない。

御朱印を押してもらっている間、拝殿に参拝する。

だが、拝殿の中は真っ暗闇で何も見えない。げに夜の神社とは恐ろしいものだ。
 
[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[敢國神社]03

rj03続敢國4T03

千歳の街中を縫う細い道を抜けると、交差点に「敢國神社」の案内看板を発見。

日没までに何とか間に合うのか? その微妙な加減に胸がザワつく。

敢國神社の創建は斉明天皇4年、紀元658年と伝わっている。

主祭神は大彦命(おおひこのみこと)。

配神は少彦名命(すくなひこなのみこと)と金山比咩命(かなやまひめのみこと)。

当初は大彦命と少彦名命の二神のみで創建されたとある。

時代が下って中世に入ると、今度は少彦名命と金山比咩命だけが祀られるようになった。

その後、明治時代に入ってから大彦命が主祭神に返り咲き、そのまま現在に至っている。

このように敢國神社の祭神については歴史上の推移と相まって色々と変遷しているようである。

気がつけば、とうに陽は西に傾き、すぐにでも地平線の果てへと沈みそう。

交差点を過ぎて細い道を歩いていると、左側から巨大な自動車専用道路が寄り添ってきた。

この名阪国道(国道25号線バイパス)に沿って歩くうち県道と合流。

名阪国道のガード下をくぐって畑と住宅に挟まれた緩やかな勾配を登っていく。

佐那具駅から歩くこと丁度30分。ようやく敢國神社の門前に到着した。
 
[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[敢國神社]02

rj02敢國

ここはJR関西本線との接続駅。

乗り換えて隣の佐那具駅へ着いた頃は既に陽が傾き、辺りは薄暗くなっていた。

ここから敢國神社まで徒歩で約30分。

陽が暮れないうちにたどりつけるといいのだが。

駅前に出て左側へ道なりに進むと幅広の川が横たわっている。柘植川という名の川だ。

古びた石造りの小さな橋を渡った先には、味わい深い通りが古びた街を貫いている。

大和街道(県道676号線)、東海道五十三次の関宿で東海道から分かれ、加太峠を越え伊賀を抜けて奈良へと向かう街道だ。

大和諸国の大名たちも参勤交代に使ったというこの大和街道では、今も往時の脇本陣がこんにゃく料理店を営んでいる。

大和街道を西に向かって急ぐ。

日没が近づいているせいか、まだ16時過ぎぐらいなのに薄暗い。

たまに車が通り過ぎるだけで、歩いている人影は見当たらない。

今宵はクリスマス・イブ。皆さん家々でツリーの飾りつけに勤しんでいるのかも知れない。

大和街道(国道25号線)を超え、千歳という古い町を抜ける。

造り酒屋や古刹があり、なかなか風情のある町並みだ。
 
[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[敢國神社]01

rj01敢國4T003

鳥羽駅から近鉄線を乗り継ぎ、伊賀神戸駅まで来た。

ここは近鉄大阪線と伊賀鉄道のジャンクション。

ここで乗り換え、終点の伊賀上野駅へ向かう。

以前は伊賀線という近鉄の路線だったが、平成19(2007)年に経営分離され伊賀鉄道として独立した。

もし今も近鉄線のままだったら「近鉄週末フリーパス」を使えたのだが。

伊賀の里は小雪がちらついている。

朝方、志摩の海は真っ青に晴れ渡って暑いぐらいだったのに。

一口に三重県と言っても、海沿いと山中では全く別の国のようだ。

伊賀神戸からは「伊賀鉄道一日フリー乗車券」を利用する。

大人700円で1日乗り放題。

伊賀上野との間を往復すると普通運賃で800円(片道400円)なので100円安い。

ホームへ行くと屋根裏にも忍者が潜んでいた。

電車に乗ろうとすると今度は車体全体に忍者のイラストがラッピングされている。

さすが忍者の故郷だけあると妙に感心。

伊賀神戸を出発した二両編成の電車は、薄い雪雲に覆われた伊賀路をトコトコ走る。

途中の上野市駅で乗り換え、乗車時間約35分、伊賀上野駅に到着した。

[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[伊雑宮]07

rj07続伊雑宮4T11

しかし今は真冬の12月、祭りが行われるのは半年後の話。

冬眠中の田圃を見たところで、何か面白いわけでもなかろう。

というわけで御料田を見ることもなく、伊雑宮を後にして上之郷駅へ向かった。

それだけでなく、周囲に建ち並んでいた重厚な歴史的建造物も何となく足早に通り過ぎてしまった。

伊射波神社での参拝に時間を掛け過ぎ、しかも次の敢國神社へ日のあるうちにと気が急いていたせいかも知れない。

再び上之郷駅から近鉄線に乗り、車内で改めて考えているうち、非常に勿体ないような心持ちがしてきた。

特に伊雑宮の存在根拠の核を成す御料田を見落としたのは、痛恨の極みだったのではないか。

線路沿いで風に揺られる薄の群れを眺めているうち、機会あらば伊雑宮を再訪したい…そんな思いに駆られたのだった。

[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[伊雑宮]06

rj06伊雑宮4T13

正殿から一の鳥居へ参道を引き返す。

左側には祓所(はらえど)や御倉(みくら)、神撰(御供物)を調理する忌火屋殿(いみびやでん)などが並んでいる。

その先には匂玉池が広がり、水の中に石段が続いている。ここで潔斎が行われるのだろうか?

匂玉池の先が宿衛屋で、その間に巨大な楠が空に向かって高く聳えている。

しかし参拝を終えたこともあって安心したのか、それらを些細に観察することもなく境内を後にした。

伊雑宮を出て北へ数十メートルほど歩くと、そこに「御師(おんし)の家」という小さな博物館のような建物がある。

御師とは伊雑宮への参詣者を案内し、参拝や宿泊などを世話した人たちのこと。

「御師の家」は御師の末裔が築100年余の自宅を、伊雑宮や「御田植式(おたうえしき)」の歴史や伝統文化にまつわる様々な資料を展示するスペースに改修したもの。

ちなみに先出の割烹旅館「中六」も昔は御師の宿だったそうだ。

この「御田植式」とは伊雑宮の祭事で志摩地方随一の大祭。

日本三大田植祭のひとつで、国の重要無形民俗文化財にも指定されている。

毎年6月24日、境内の南側にある御料田で、鎮座地志摩市磯辺町の人たちが、お囃子に合わせて稲を植えていくという古雅な神事だ。

[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[伊雑宮]05

rj05伊雑宮4T12

小さな祠がポツンと置かれた「古殿地」を前に伊雑宮と伊射波神社の歴史的な関係について考えてみる。

伊雑宮の御祭神は「天照坐皇大御神御魂(あまてらしますすめおおみかみのみたま) 」、つまり天照大御神の分霊とでもいうか。

もとが伊佐波登美命と玉柱屋姫命が伊雑宮の主祭神だったが、中世になって天照大御神も併せて祀られるように。

長らく二柱を祭神に祀っていた時代が続いていたのだが、明治維新以降は天照大御神一本に統一されることとなった。

延喜式によると「伊雑宮」は伊勢神宮の南に鎮座すると記されているそうだ。

確かに伊雑宮は南に位置しているが、伊射波神社はどちらかといえば西。

延喜式に記された「伊雑宮」とは現在の伊雑宮を指しているに違いないのでは。

かつて伊射波神社は志摩大明神、加布良古大明神と呼ばれていた。

それが現在の社号になったのは、鳥羽藩の修繕工事が行われた文化4(807)年の辺りからと思われる。

その頃に伊雑宮と伊射波神社の混同が起こったのではなかろうか。
 
ただ、伊佐波登美命は伊射波神社の御祭神の一柱である一方、伊雑宮の御祭神に現在は名を連ねていない。

もともと「伊雑宮」は伊佐波登美命のために建立された神宮にもかかわらず、その祭神に名を連ねていないとは何とも不思議な話だ。

[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[伊雑宮]04

rj04伊雑宮4T09

それは倭姫命(やまとひめのみこと)が皇大神宮を創建した後、御供物の採取場である「御贄地(みにえどころ)」に相応しい土地を探していたときのこと。

志摩国を巡行していた折、昼も夜もブッ通しで鳴き続ける一羽の鳥がいた。

不思議に思った倭姫命は、大幡主命(おおはたぬしのみこと)と舎人紀麻良(きのあさよし)に様子を見に行かせることに。

行って見ると志摩国伊雑の芦原の中に、根本は一基で末は千に茂る稲穂があった。

その稲穂を 「白真名鶴」(しろまなづる) という鳥がくわえて回り、突つっついては鳴いている。

その姿を見られるや白真名鶴はパタリと鳴き止み、口に加えていた稲穂をポトリを落とした。

このことを倭姫命に報告したところ「物言わぬ鳥ですら田を作る。皇太神(天照大御神)に奉れる物を」と仰せられた。

そして伊佐波登美命(いざわとみのみのみこと)に命じて稲穂を抜かせ、天照大御神の御前に捧げた。

さらに稲穂の生えていた土地を「千田」と名付け、そこに伊佐波登美命の神宮を建立し、皇大神宮の摂社とした。

「倭姫命世記」は、これが伊雑宮の起源だと記している。

正殿の左横には同程度に大きな空き地が広がっている。

ここは「古殿地」といって、20年ごとに東西交互に社殿を造営する“式年遷宮”用の御敷地。

この点もまた、伊勢神宮と共通している。

ちなみに別宮の遷宮は正宮が終わった後、順次行われていく予定。

正宮の遷宮は平成25(2013)年に予定されているので、伊雑宮の遷宮は平成26(2014)年以降ということになる。

[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[伊雑宮]03

rj03伊雑宮4T06

一の鳥居は当然といえば当然だが、典型的な神明(伊勢)鳥居である

鳥居をくぐると衛士派出所と宿衛屋(しゅくえいや)が向き合うように立ち、その間を参道が奥に向かって伸びている。

宿衛屋とは「護衛兵が宿直する建物」の意味だが、向かいに衛士派出所があるので、現在では社務所の役割を果たしている。

それにしても、社務所はあっても派出所のある一之宮はここが初めてだ。

参道は緩やかなS字のカーブを描きながら、境内の奥へと通じている。

両側には巨木が文字通り林立し、この空間に満ちる空気までが祓い清められているかのよう。

参道を抜けると右手に正殿が聳立している。

その姿は、どこか伊勢神宮内宮の社殿に似ている。

参拝の栞によると、やはり構造は内宮に準じているそうだ。

南に面して建てられた正殿は唯一神明造で御屋根の鰹木は六本。

東西両端には内削ぎ(水平切)の千木が高く聳えている。

周囲を瑞垣と玉垣の二重の御垣で囲まれ、それぞれに御門がある。

鎌倉時代に成立した「倭姫命世記」によると、伊雑宮が創建されたのは今から約二千年前に遡る。

[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[伊雑宮]02

rj02伊雑宮4T04

伊雑宮の入口は神武参剣道場の斜向かいにあった。

まずは門前に立つ説明の看板を読む。

「伊雑宮は皇大神宮の別宮のひとつであり、昔、大神の遥宮(とおのみや)とも云われ、志摩国の大社として有名である」

皇大神宮、つまり伊勢神宮内宮の別宮であり、往古は遥拝宮だったことは伊射波神社の項でも触れた。

ちなみに伊勢神宮内宮の別宮は次の通り。

  • 荒祭宮
  • 月讀宮
  • 瀧原宮
  • 伊雑宮
  • 風日祈宮
  • 倭姫宮

このうち伊雑宮だけが志摩国に鎮座している。

だが、説明板には志摩國一之宮に関する記述が欠片もない。

伊雑宮は「伊勢神宮」ブランド推し一本でアピールし、「志摩國一之宮」ブランドは排除する姿勢なのだろうか?

そんな疑問を抱きつつ、境内に足を踏み入れる。

「イゾウグウ」「イソベさん」とも呼ばれる伊雑宮。

ここまで14の一之宮を訪れたが、そのどれとも異なる雰囲気を感じる。

やはり“伊勢神宮グループ”に属するだけあって、別宮にもお伊勢さん独特の空気が流れているのだろうか。

[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[伊雑宮]01

rj01伊雑宮4T03

近鉄鳥羽駅の近辺は観光客でごった返していた。

この日は天皇誕生日の振替休日にしてクリスマス・イヴ。

和洋折衷の極みの如き祝日のせいで混雑しているのかどうかまでは知らない。

ここから近鉄志摩線に乗車し、伊雑宮最寄りの上之郷駅まで普通列車で20分強の鉄旅。

観光客のほとんどは鳥羽駅で下車したのか、車内は閑散としている。

鳥羽駅を出た志摩線は安楽島橋のあたりを過ぎると内陸部に入って行く。

海沿いを走る路線だが車窓には平凡な田園風景だけが続く。

風光明媚な海沿いの景色を一度も見ることのないまま上之郷駅に到着。

家並が建て込んだ繁華な土地かと思いきや、周辺を田畑に囲まれた長閑な駅だ。

駅を出て国道167号線を渡り、列車の進行方向と逆に少し戻ったところから細い路地に入る。

道の両側には歴史を感じる建物が並び、一之宮の鎮座地ならではの雰囲気。

突き当りはT字路で、角の右側には大層古風な和風建築が立ちっている。

看板には鰻料理の割烹旅館「中六」とある。

その反対側、角の左側にもこれまた立派な和風建築物の姿が。

こちらは「神武参剣道場」という。

しかし伊雑宮への参詣で頭が一杯で、どちらもひと眺めしただけで先を急ぐ。

[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[伊射波神社]18

rj18伊射波4T31

宮司さんの到着まで少々時間がかかりそうだし、朝から何も食べてない。

たまたま目の前に「安楽島フードセンター」というスーパーがあり、手元にバス用の小銭もなかったので、これ幸いとばかりに立ち寄る。

ところがあんパンを買ってる最中、携帯電話が鳴った。

慌てて店を出ると、既に宮司さんの車が到着している。

やはり移動時間では徒歩と車じゃ比べ物にならないと、改めて思い知らされた。

御朱印を賜りつつ、宮司さんと色んな話をする。

「寒かったでしょう」と参詣の労をねぎらわれる。

「つくづく真冬に来て良かったと思います」と答えた。

夏なら蚊の大群に追われていたかもしれないし、蝮に遭遇していた可能性だってある。

「日本で最も参拝するのが困難な一之宮だって言われてるようですね」

「そうみたいなので、結構な数の標識を参道に整備してるんですよ」

宮司さんが再び日常業務に戻り、ひとり漁港に残された。

堤防に腰を掛け、あんぱんを齧りながらバスを待つ。

青い空に白い雲がポッカリと、青い海には緑の島々がポッカリと、それぞれ浮かんでいる。

ボーッと漁港を眺めているうち、安楽島バス停方面から鳥羽駅行きのバスが姿を現した。

今までの中で最も辿り着くことが困難だった一之宮に別れを告げ、バスへと乗り込んだ。

[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[伊射波神社]17

rj17伊射波4T30

考えてみたら、ここから伊射波神社まで“一本道”だった。

しかも道案内の標識が折々に設置されているので、変な“冒険心”さえ起こさなければ、まず迷う心配はないだろう。

海側からのアプローチよりも時間はかかるが、安全にたどり着けるのは確かだ。

かもめバスの停留所に向かうと、近くに大きな木造建造物が立っている。

安楽島舞台。

文久2(1862)年に建造された芝居小屋で、鳥羽市から有形民俗文化財に指定されている。

その周辺がちょっとした駐車場のようになっており、伊射波神社へ車で参拝する場合ここに駐車するのが一般的なようだ。

ここからかもめバスには乗らず、さらに5分ほど歩く。

先ほどまでの沿道の風景とは打って変わり、緩やかな坂道の両側に普通の住宅地が続く。

坂が下りきったところで三叉路となり、ここにも案内板が掲示されていた。

伊射波神社 
左←一の宮(1.8km)
右→宮司宅(100m)

やはり山中の細道に設置されていた標識は、サービス精神満点の宮司による孤軍奮闘だったようだ。

ここ神社とご自宅の分岐点から、御朱印を賜るため宮司さんの携帯に電話を掛けた。

すると今、入れ違いで伊射波神社にいるそうで、すぐに車でこちらに向かってくれるという。

目の前にある安楽島漁港の駐車場で待つことになった。

[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[伊射波神社]16

rj16伊射波4T26

ススキが密集している藪のところに、今度は石の標識が目立たないように佇んでいる。

ラグビーボール大の石に「右一ノ宮」と刻まれ、その周囲を白い小石が埋めた形状。

極めて素朴ながら清冽な神々しさを感じる。

切通しになった竹林の中を通り過ぎると、今度は「右一之宮」と刻まれた石柱が道端に立っている。

それにしても案内する標識や看板の多さときたら。

サービス精神満点の宮司さんが孤軍奮闘しているのか。

それとも、それだけ参詣客から道案内に関する問い合わせが多いということか。

伊射波神社から30分ほど歩いたろうか、ようやく社殿以来の建物と遭遇。

鍵でおなじみの会社、美和ロックの海の家だ。

そして、ここにも密漁者への警告板が設置されている。

それだけ密漁者が多いということか。

道はかめや旅館の間を抜け、家々が立ち並ぶ集落へと入り、ようやく安楽島に到着した。

ここまで来ると道はキレイに舗装され、広く立派になっている。

山中に湧いた源泉が海に向かって流れるうち、大河になっていくのと似た感覚だ。

安楽島の集落で最後の案内板を発見した。こちら側から向かえば最初の案内板になるか。

彩色された大きな地図に伊射波神社までの細々とした参道が記されている。

[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[伊射波神社]15

rj15伊射波4T23

細い道をウネウネと歩くうち、小さな入江に出た。

堤防の前に置いてある小さな木製の標識には「一之宮←」とだけ、白いペンキで記されている。

シンプルな標識と、エメラルドグリーンに輝く海のコントラストは、まるで一幅の絵のようだ。

道は海岸沿いから山の中へと分け入り、両脇を疎林や原っぱに挟まれながら歩き続ける。

すると、ここにも標識が立っていた。

素っ気なく「伊射波神社 右一之宮→」と墨書された簡素な木板が、木の棒に打ち付けられている。

一応このあたりの道は舗装されているので、それほど苦ではない。

歩いている途中、横を軽トラックが通り過ぎて行った。

このあたりまでは車で入って来られなくはないらしい。

しかし極端な隘路の上、下手に脱輪すると助けを呼ぶだけで一苦労。

道に慣れた地元の人でもなければ、とても車で向かうのは無理なように思える。

坂を下っていくと、二叉路に出た。

ここにも木製の標識があり「車|歩行者近道」と記されている。

不覚にも歩行者近道の存在には気付かなかった。道理で道が舗装されていたわけだ。

[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[伊射波神社]14

rj14伊射波4T20

伊雑宮は伊勢神宮の別宮であり、古くは遥拝宮だったとも言われている。

一方の伊射波神社は旧社格が無格社という小社。

いずれも平安時代に国司が参詣に赴く一之宮の条件に適合しているのかどうか。

しかも、伊雑宮も祭神に伊佐波登美命と玉柱屋姫命を祀っている。

社号の読み方が同じ「いざわ」で、祭神も共通している。

一国内に一之宮が二社以上ある例は数多いが、志摩国の場合そのどれとも事情が異なるように思える。

伊雑宮は伊勢別宮だけあり、もちろん主祭神は天照大御神で、伊佐波登美命と玉柱屋姫命は後から加えられたらしい。

一方、伊射波神社は鳥羽藩が文化4(1807)年に修築した際、伊雑宮と混同されたのではないかと言われている。

いずれにせよ、どちらが“真”の志摩国一之宮かの究明は神学者にお任せするとして。

一介の旅人に過ぎない自分は、伊射波神社の素朴な佇まいを堪能するのみだ。

社号標の近くに安楽島氏子会が設置した案内板が立っている。

すっかり塗料が剥げ落ち、案内図としての役割を十全に果たしているとは言いがたい。

だが伊射波神社の位置と、御利益の「家内安全 五穀豊穣 縁結びの神」はと明示されており、最低限の仕事は務めているようだ。

[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[伊射波神社]13

rj13伊射波4T18

海沿いの入口から辿ってきた細い道を遡り、再び伊射波神社の参道へ戻る。

この時点で既に午前10時。

安楽島のバス停に到着するのは何時ごろになるのか見当もつかない。

参道を先へ踏み出すと、ここに鳥居と常夜灯が立っている。

鳥居は先ほどと同じ神明鳥居だ。

先に伸びる参道は急坂で、しかも石畳あり未舗装道ありと足場は良くない。

ただ、海岸線の岩場よりはマシだが。

坂を降り切ったところで突然視界が開けた。

紺碧の伊勢湾が眼前に広がり、その美しさにフッと息を呑む。

ここにも鳥居と、社号標が立っていた。

参道のところにあったのが二の鳥居で、拝殿前のが三の鳥居、ここが一の鳥居だろう。

二、三の鳥居と同じ形の明神鳥居なのだが、木製ではなく石造りなのが異なる。

人気のない山中にひっそりと佇む華美な装飾のないシンプルな鳥居からは、現世での御利益ではない、もっと原始的な“信仰”の念が伝わってくる。

社号標には「式内 伊射波神社」と刻まれている。

志摩国には一之宮が二つある。

ひとつは、ここ伊射波神社。

もうひとつは、伊雑宮(いざわのみや)。

[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[伊射波神社]12

rj12伊射波4T07

こんな場所までわざわざゴミを捨てに来る理由も見当たらない。

不法投棄ではなく、海の果てから流れ着いた漂流物だろう。

その間を掻き分けるように海へ向かうと、左側に小さな井戸がある。

伊射波神社と何か関係があるのだろうか?

ゴミの山を抜け出して木立の中から浜辺に出ると、そこはウィスタリアライフクラブからさほど遠くない場所だった。

今度は浜辺に立って木立の方角を眺めてみると、漂流物のゴミで溢れ返っている。

よほど注意深く見なければ、ここが入口だと気が付かないのも無理はない。

周辺を丹念に見ていると、かつて看板に使用されていたかのような木板がポツンと置かれていることに気付いた。

板には何も書かれていないが、参道入口の案内板だったのではないか。

そういえば海側からの参道に鳥居はなかった。

何も書かれていない木の板ではなく、せめて小さな鳥居でも立てておいてもらえたら一発で入口を発見できたのに、と思う。

海側からの入口を探しながらの参詣だったので、時間がかかったのはやむを得ない。

海沿いの道程の大変さと入口の場所が最初から分かっていたら、多分30分ぐらいで着けたのではないか。

ただ、風雨の強い日は絶対に避けるべき。
 
下手したら遭難してしまうだろう。

[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[伊射波神社]11

rj11伊射波4T11

それにしても、生田神社は稚日女尊を「恋愛成就の女神」としてガンガン推している。

一方の伊射波神社に「恋愛成就」の佇まいは皆無。

それどころか稚日女尊は機織の道具が女陰に突き刺さって亡くなったわけで。

「恋愛」どころか、むしろ不妊に悩む女性を救う神様のようにも思えるのだが。

いずれにせよ同じ祭神を祭りながらも、この彼我の違い。

一体どっちが真の“稚日女尊”の姿なのか?

伊射波神社の無垢で質素な本殿を眺めながら、そんな疑問を頭の中で楽しんでみた。

参拝を終え、今度は「表参道」を辿り安楽島経由で帰ることにする。

宮司さんのご自宅も幸いなことに安楽島バス停の近くにあるので好都合。

安楽島へ向けて参道を歩き始めた時、一本の細い道が海の方へ続いているのに気付いた。

ひょっとしたら……気になったので道の奥へ行ってみる。

進むにつれて道は更に幅を狭め、その先に朽ちかけてはいるが木による階段らしきものも整備されている。

これは紛れも無く、伊射波神社への海側からの参道だろう。

階段を降りると、木々に囲まれて大量のゴミが山のように堆積している一角に出た。

[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[伊射波神社]10

rj10伊射波4T00

神戸のハートランド三宮のド真ん中に鎮座する生田神社は、年間通じて大勢の参拝客で賑わう日本でも指折りの大神社。

ここもまた、稚日女尊を主祭神に祀っている。

由来は「『日本書紀』神功皇后条巻第9」に記されているのだが、伊射波神社のそれとは全く内容が異なっている。
 
神功皇后が新羅遠征から大和へ戻る途中、今の神戸港の辺りで船が進まなくなった。

占ったところ稚日女尊が現れ「活田長狭国(いくたながをのくに) に居りたい」と主張。

そこで海上五十狭茅(うなかみのいそさち)を神主にして、活田=生田の地に稚日女尊を祀った。

それが生田神社創建の由来だと社伝にある。

こちらの稚日女尊は機織りの女神ではなく、どうも神戸地方の産土神(地主神)らしい。

その後、風雨を司る神として朝廷から手篤く祀られた稚日女尊は、五穀豊穣や恋愛成就(?)の神として信仰を集めることに。

機織りの神と風雨の神という、このあまりにもかけ離れた神格。

それゆえ元は別々だった神格が結び付き、一つの神格になったのではないかとも考えられる。

だが、それを証明できる史料はなく、機織の神から風雨の神へと進化発展していった可能性も捨てきれない。

むしろ素盞鳴尊の狼藉に驚き亡くなった織女の名こそ具体的に記されていないわけだから。

生田神社の御祭神こそ真の稚日女尊じゃないかとも思えるのだが。

[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[伊射波神社]09

rj09伊射波4T16

当然ながら中は大パニックとなり、織女の一人は驚いた拍子に機具(はたぐ)の稜(ひ:横糸を通す道具)の端が女陰に突き刺さり、それがもとで亡くなってしまった。

スサノヲの狼藉に恐れ慄いた天照大御神が、天石屋戸の中へ身を隠してしまう契機ともなった事件。

その織女こそ稚日女尊だったと伝わっている。

ただ、古事記に具体的な神号までは記されていないのだが。

この稚日女尊を加布良古崎に祭祀したのが伊射波神社の始まり。

安政元(1854)年の大地震と大津波で社伝が失われたため正確な創建時期は不明。

往時は加布良古大明神、志摩大明神とも称されていたそうだ。

拝殿を出て裏手に回り本殿へ。

神明造りの小さな御社が、玉垣に囲まれてひっそりと佇んでいる。

まさに「古神道」という形容詞がピッタリ。

ちなみに現在の本殿は昭和51(1976)年に造営されたものだ。

ここで少し横道に逸れ、神戸にある生田神社について触れたい。

[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[伊射波神社]08

rj08伊射波4T17

伊射波神社は宮司のいない無人の神社だが、室内は綺麗に整理整頓されている。

正面奥の上部に社号標が掲げられている。

石造りの標柱ではなく、天然木の一枚板に黒々と「宮の一国摩志 社神波射伊」と墨書されている。

室内には芳名帳が置いてあり、見れば参拝者が結構いた。そこへ自分も名を連ねさせてもらう。

壁には「御朱印御希望される方は宮司宅へ」との案内図が貼られており、そこには携帯電話の番号も明記されていた。

拝殿には次の四柱が祭神として掲げられている。

  • 稚日女尊(わかひるめのみこと)
  • 伊佐波登美命(いざわとみのみこと)
  • 玉柱屋姫命(たまはしらやひめのみこと)
  • 狭依姫命(さよりひめのみこと)

伊佐波登美命以外の三柱は「女神様」。

参拝すると女の“性”に包まれたような、なにやら暖かい気持ちで心が満たされる。

伊射波神社が鎮座する一山これすべて「女神の山」だからなのかも知れない。

稚日女尊は古事記上巻「天石屋戸」のところに登場する。

天照大御神が神に献上する衣を織る神聖な御殿「忌服屋(いみはたや)」で、織女(おりめ)たちの機織りを眺めていたときのこと。

弟神で暴れん坊の素盞鳴尊が屋根に登って大穴を開けると、斑(まだら)色をした馬の皮を逆剥ぎにして真っ逆さまに投げ込んだ。

[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[伊射波神社]07

rj07伊射波4T14

季節は冬なので幸い虫がいないのは助かる。

それに蛇だって冬眠中だろう。

来年の干支なので個人的には出てきてもらったほうが逆に嬉しいのだが。

それにしても道無き道を登る作業は想像以上に厳しいものだった。

蔓がまとわりつき、アザミにチクチク刺され、足場も悪く、幾度も立ち往生させられる。

参拝すること自体ではなく、こうした苦難を乗り越えることこそが巡礼の目的だと思えば、こうして山を登る甲斐があるというもの。

苦吟しながら漸進するうち、木々の間に神社の社殿らしき建物が垣間見える。

あと少し、あと少し…と消耗した体力を振り絞って斜面を這い上がると、神社の参道らしき広い道に出た。

こちらが安楽島から来る“表参道”か。

緩やかな勾配を登っていくと、伊射波神社の社殿が姿を現した。

時計の針は午前9時半を指している。

ウィスタリアンライフクラブから1時間以上かかったが、ようやくたどり着いた。

取り敢えず一休みした後、鳥居の前に立ち、拝殿を正面から眺めてみる。

鳥居の笠木は五角形、貫は貫通しておらず、紛うことなき神明(伊勢)鳥居。

やはり伊射波神社も伊勢神宮と深く関わっていることの証なのか。

鳥居をくぐって拝殿の中に入る。

木造で余計な装飾のない質素な建物だ。

[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[伊射波神社]06

rj06伊射波4T04

「獣道」を抜けると、そこは紺碧の伊勢湾。

あまりの美しさに見とれてしまう。

岬の先端へ向け海岸線に沿って進むと、確かに道はない。

岩場が続く狭間に、小石が散らばる猫の額ほどの平地がある程度。

それはまだマシなほうで、道どころか陸地すらない場所すらある。

岩場にしがみつき、潮が引くタイミングを見計らってジャンプ!

無事に着地できたと思ったその時、濡れた石に足がツルッと滑って海水の中にズボッとハマッてしまった。

このルートをホテルの管理人が勧めなかった理由を身をもって体感できた。

とはいえ、この程度の難所は想定内も想定内。

怯むことなく、片足がスブ濡れのまま先へ進む。

しかし、視線の先に岬の突端らしきものが見えてきた。

どうやら参道の入口を通り過ぎたらしい。

来た道を引き返すが、この時点で既に40分が過ぎている。

地図で入口らしき場所のアタリを付けるが、それらしきものはどこにも見当たらない。

時間だけが刻々と過ぎていく状況下、入口を探しているだけでは埒が明かない。

伊射波神社の直下らしき場所に目星を付け、雑木林の中を強行突破してみることにした。

[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[伊射波神社]05

rj05伊射波4T03

午前8時、ウィスタリアンライフクラブ鳥羽を出発する。

志摩國一之宮の伊射波神社は辿り着くまでの道のりが過酷なことで知られる。

鳥羽駅から「かもめバス」で終点の安楽島バス亭まで行き、更に山道を歩くこと一時間余。

自家用車で行っても車道は安楽島で止まっているので、その先が山道なのは変わらない。

だが航空写真を穴が空くほど見つめたところ、海側からアクセスできる可能性に気付いた。

海岸から本殿まで山の中を細い線がクネクネ辿っている。

海岸側からの参詣、ダメもとで行ってみることにした。

チェックアウトの際フロントマン(というか管理人)に、伊射波神社へ海沿いをたどって行けるかどうか尋ねてみた。

「行って行けなくはありませんが、道は獣道みたいなものですし、危険なのでお勧めはしません」

しかし、欲しかったのは「行って行けなくはない」の一言。

なければ「ない」と断言するはず。

やはり、海側からアプローチできるルートは存在したのだ。

本館の右脇を通り抜けると庭園があり、更に先へ進むと藪。

その真ん中に細い隘路と、立て看板。

もちろん伊射波神社への案内板などではなく、密漁者への警告だ。

この獣道は獣ではなく密漁者が行き来しているようだ。

[旅行日:2012年12月24日]

一巡せしもの[伊射波神社]04

rj04伊射波4T00

鳥羽小涌園のひとつ手前、ウィスタリアン前バス停にて下車。

周囲には建物が何ひとつなく、 遠目に林立するリゾートマンションの灯りが見える程度。

ウネウネと曲がりくねった山道を下っていくと、先に巨大な建造物が姿を現す。

今宵の宿、ウィスタリアンライフクラブ鳥羽。
藤田観光が展開する会員制リゾートホテル。

ここが客室を一般に販売しているサービスを利用したものだ。

フロントもあるにはあるがホテルのそれではなく、マンションの管理人室といったほうが相応しい。

周辺に商店街や飲食店は皆無で、館内にレストランはあるが営業は朝食だけで、しかも予約が必要。

夕食を所望するなら近隣のホテル鳥羽小涌園まで出向く必要があるが、これも自家用車がないと難しい。

客室は座敷、寝室(ツインベッド)、リビング、ユニットバス、ミニキッチンと、やはりホテルというよりマンションと呼んだほうが相応しい。

キッチンは小さいので本格的な料理は無理だが、電子レンジと小型冷蔵庫を完備しているので、出来合いの惣菜を持参しすれば何の問題もない。

だからこそ、鳥羽のコンビニで大量の酒肴を調達したわけだ。

普通のホテルだと思い込んで宿泊すれば面喰らうこと請け合い。

だが、このシステムを承知の上なら非常にコスパの高いホテルと言えるだろう。

[旅行日:2012年12月23日]

一巡せしもの[伊射波神社]03

rj03伊射波4T03

さらに、小学校のグラウンドに使用されていた本丸跡も歴史庭園として整備。

両者を抱き合わせて開発すれば良質な観光資源になるような気がするのだが。

御城が好きで明治以降の近代建築物を愛する自分にとって、再建天守にありがちな博物館が文化財指定の近代建築物にあるだけでも有り難い話。

夜の闇の中に緩やかなシルエットを浮かび上がらせている城山を眺めつつ、そんな“妄想”を思い浮かべた。

鳥羽市役所前のバス停で、鳥羽小涌園行きの「かもめバス」を待つ。

「かもめバス」とは鳥羽市が運営するコミュニティ交通システムのこと。

バスが来るまで暫く時間が空いているが、商店街はほとんど閉まっていて時間を潰せそうな店は見当たらない。

真冬の寒気の中、いにしえの店々が醸し出す懐かしい雰囲気に包まれつつ、バスを待つ。

時折り通り過ぎる車のヘッドライトが周囲を明るく照らし出すが、それも一瞬の出来事、すぐに元の暗闇と静寂が包み込む。

10分ほど待った頃、ようやく待望の「かもめバス」が姿を見せた。

大きな車体の割に乗客は数えるほどだが、コミュニティーバスとしての役割は十二分に果たしている。

なにより遠く離れた宿まで連れて行ってもらえるだけでも有り難い話だ。

バスは市街地を抜け、次第に山の中へ分け入って行く。

昼間なら伊勢湾の風光明媚な光景が車窓に広がるのだろうが、生憎と見えるのは宵闇ばかりだ。

[旅行日:2012年12月23日]

一巡せしもの[伊射波神社]02

rj02伊射波4T00

このレートに基づき計算すれば、当時の25万7349円は現在の93億4410万8236円。

例えば東京スカイツリーの建設費は約450億円、東京ドームは約350億円。

小学校の校舎建設に投じられた100億円近い建築費が如何に莫大なものだったか、両者と比較すれば実感できそうだ。

戦後は鳥羽小学校となり、校舎は平成21(2009)年に移転するまで使用され続けた。 

移転後も取り壊されることなく、平成22(2010)年に近代学校建築の貴重な遺構として国の登録有形文化財に登録されている。

とはいえ老朽化した校舎が将来どのような形で扱われていくのか、寡聞にして知らない。

個人的な希望を言わせてもらえば、校舎に耐震補強工事を施した上で「鳥羽城博物館」に生まれ変わらせて欲しいと思う。

全国の城址には現代になって建造された復元天守や復興天守、模擬天守が数多く立っている。

そのほとんどは内部が博物館や資料館になっていて、外観とのギャップに戸惑いを覚えることも多い。

ならば鳥羽城は、わざわざ模擬天守を建てるまでもなく、昭和初期に立てられた名建築を博物館として活用すればよいではないか。

国の文化財の中で九鬼水軍から始まる鳥羽城の歴史を見聞できるとは贅沢このうえない。

しかも新規に模擬天守を建造するより校舎を博物館に改築するほうが、はるかに予算面で安く上がるだろう。

もちろん他城と同様に入場料を徴収して維持費に充てればよいし、文化庁指定の文化財だけに国から予算だって獲得できるだろう。

[旅行日:2012年12月23日]

一巡せしもの[伊射波神社]01

rj01伊射波4T00

近鉄鳥羽駅に到着した頃、既に日はトップリと暮れていた。

メインストリートの国道42号線側ではなく、JR参宮線のある山側から駅を出る。

目の前に広がる低山の裾に沿って歩くうち、一軒のコンビニを発見。

そこでキンミヤ焼酎のカップ酒や割り材、肴をしこたま購入し、再び歩き続ける。

コンビニの前から続く道の両側には、古風な商店や住宅が連綿と軒を並べている。

鳥羽は水軍で知られる九鬼氏が築いた鳥羽城の城下町。

宵闇に包まれた古い町並みが潮の香りを纏って静かに佇んでいる。

通りの左側には寄り添うように連なる小高い丘の稜線。

この丘こそ鳥羽城の城址なのだが、往時の建物は悉く失われ、現在では市民文化会館と市役所が立っている。

幕末に地震と津波で多くの建造物が倒壊し、そのまま明治維新を迎えたため再建されることなく破却されたそうだ。

本丸跡には昭和4(1929)年、鳥羽尋常高等小学校が立てられた。

“真珠王”御木本幸吉の出資と助言を得て建設された校舎は、三重県初の鉄筋コンクリート建築物。

県下一の設備と謳われた校舎は3階建てで、総工費は25万7349円。

小学校教員の初任給が昭和5(1930)年は5円50銭、平成24(2012)年は約20万円。

あくまでも単純に換算すると、当時の1円は現在だと3万6309円。

[旅行日:2012年12月23日]
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
QRコード
QRコード











livedoor 天気
発刊!電子書籍

東海道諸国を巡礼したブログを電子書籍にまとめました。

下記リンクより一部500円にて販売中! ぜひご一読下さい!



一巡せしもの―
東海道・東国編

by 経堂 薫
forkN


一巡せしもの―
東海道・西国編

by 経堂 薫
forkN

福岡から大阪へ…御城と野球場を巡ったブログを電子書籍化!

下記リンクより一部500円にて販売中!  ぜひご一読下さい!



キャッスル&ボールパーク

by 経堂 薫
forkN



CLICK↓お願いします!





















オーディオブック

耳で読むドラマ!


人気演劇集団キャラメルボックスとコラボした、舞台と同一キャストでのオーディオドラマ!


ドラマ化・映画化された書籍のオーディオブック。映像とは一味違った演出が魅力的!


耳で読む吉川英治の名作「三国志」!

  • ライブドアブログ