水無61-058

幹にポッカリ空いた洞 [うろ]に石仏が祀られている。

天平時代、七重の塔が建てられた時のこと。

大工の棟梁が柱の寸法を誤って短く切ってしまい、とても悩んでいた。

一人娘の八重菊は、柱の上に枡組を作って長さを補うことを提案。

塔は無事に完成し、枡組は装飾の役割も果たし、その出来栄えは評判を呼んだ。

しかし父親は「枡組」の真相が漏れて自身の名誉が損なわれることを危惧。

八重菊を口封じのため殺し、人柱として境内に埋めてしまった。

その塚の上に植えられたのが、この大銀杏だと伝承されている。

ただ、そのような事実が本当にあったのかは定かではない。

仕事のためには最愛の娘すら犠牲を厭わないという飛騨匠の謹厳さを喧伝するために創作されたエピソード…というのが真相のようだ。

水無62-059

境内の最奥に、国の重要文化財に指定されている本堂がデンと構えている。

現在の本堂は単層入母屋造りで屋根は銅版葺、昔は杮葺きだった。

昭和29(1951)年に本堂を解体修理した際、室町時代中期以前に建てられたことが判明。

また、正面向拝と東側は桃山時代に修理されていたことも分かった。

本尊の薬師如来像は行基の作と伝わり、国の重要文化財に指定されている。

また、旧国分尼寺の本尊で国重要文化財の聖観世音菩薩も国分寺に所蔵されている。

[旅行日:2016年12月11日]