水無48-045

大原騒動を引き起こした悪政は彦四郎の息子、大原亀五郎正純へと引き継がれた。

しかも職権濫用によるワルさの度合いがパワーアップ。

例えば過納金(農民に米一俵につき30~50文を過納させ、後で返す金)を返さないとか。

幕府が天明の大飢饉対策として農民に免除した分の年貢を取り上げて私腹を肥やすとか。

あげくに飛騨三郡の村々から総額6000両という大金を借り上げた。

借りた…というより、ハナから返す気などサラサラなかったのだろう。

これには農民はおろか名主や役人も怒りを募らせ、悪代官正純との戦いを激化させていく。

水無49-046

天明7(1787)年、クビにされた役人や失業した名主たちは何度も江戸に代表を派遣。

老中松平定信をはじめ幕閣に密訴状の投入や老中宅の門への訴状の添付を繰り返した。

さすがに幕府も看過できなくなったのか同年12月、代官所のナンバーツーである本締の田中要助が勘定奉行に呼び出されて江戸へ出向く。

そして寛政元(1789)年5月、飛騨に入った料所廻りの巡見史に対し農民が直訴して正純の悪行を糾弾。

さらに江戸で松平定信にも駕籠訴を行い念押し。

同年6月、ようやく重い腰を上げた幕府は高山に検見役を派遣するなど実状の調査に当たるが、ここでも正純は書類を改竄するなど不正を働いたという。

そして同年8月、今度は正純自身が勘定奉行から呼び出しを喰らい江戸表へ。

同年12月、ついに御沙汰が下り、今度は正純に“年貢の納め時”が来た。

まず、郡代大原正純は八丈島へ流罪。

もちろんグルだった他の役人も処罰された。

内訳は本締田中要助の打首をはじめ死罪2人、流罪1人、追放8人。

一方の農民側は駕籠訴の実行者こそ死罪になったものの、他の者はおしなべて軽い罰で済んだそうだ。

[旅行日:2016年12月11日]