②65bいな里バス

ホテルに戻り、部屋のバスルームへ。

どこか変に甘ったるい匂いが漂っている。
何の匂いだろう? 

そう思いつつバスタブを見ると蛇口が2つあり、うち1つには「天然温泉」と表示してあった。

通常の蛇口のほか温泉専用の蛇口があり、各客室に天然温泉が引かれているのだ。

おかげで大浴場へ再訪することなく、ユニットバスで温泉に浸かることができた。

②66酢屋の坂

翌朝、ホテルをチェックアウトして再び番所の坂を上る。
そのまま直進すると、目の前に美しい風景が広がる。

幾度目かの「酢屋の坂」。
谷町通りを挟んで正面には「
塩屋(志保屋)の坂」。

まさに杵築を象徴する風景。
ここは昨夜も通っているが、さすがに闇の中では分からなかった。

酢屋の坂は直線の長さ約90m、高低差約7mという急坂。
その中ほどに「ご休憩所」と書かれた小さな看板が立っている。

②67酢屋坂休憩所1

休憩所というより、ちょっとした公園。
 
ベンチに座って古い井戸を眺めていると、この坂が江戸時代と現代を結んでいる…そんな錯覚を覚える。

酢屋の坂下に創業明治33(1900)年という老舗の味噌蔵が
店を構えている

建物は「塩屋の坂」の由来となった豪商志保屋の屋敷で、18世紀の建築と推定されている。

町家としては杵築最古の部類に属し、典型的な商家の構造を有する建物。
平成8(1996)年には市の有形文化財に指定されている。

②69綾部みそ屋

味噌の材料には大分県内産の大豆、国産の米、九州産の大麦を使用。
地下の天然水で仕込み、全工程を手作業で製造している。

それゆえ、ここで作られる味噌の多くは地元だけで流通。
店舗の建物も販売されている味噌も、いずれも文化財級の希少さだ。

②70塩屋の坂下

「酢屋の坂」を下って谷町通りを渡り「
塩屋の坂」を登って南台の武家屋敷へ
長さは約100mで高低差が約8mと、こちらも急坂だ。

この二つの坂は映画やテレビの時代劇ロケでもよく使われる杵築の名所。

杵築は日本で唯一の「サンドイッチ型城下町」と呼ばれているが、それは2つの高台(北台と南台)の間に谷間(谷町通り)が通る構図に由来している。

江戸時代、杵築城から西に伸びる二本の高台上に武士たちは屋敷を構え、その谷あいで町人たちは商いを営んでいた。

塩屋の坂から酢屋の坂を眺めると、まさに「凹」の形状がサンドイッチのように見えるようだ。

「塩屋の坂」という名称の由来は谷町の豪商、塩屋長右衛門と深く関わっている。

谷町から南台へ続く坂の下で長右衛門は「塩屋」という酒屋(ややこしい!)を繁盛させていた。

ならばと今度は谷町から北台へ続く坂の下で酢屋の商売を始め、またも成功。

各々の商いから「塩屋の坂」「酢屋の坂」と呼ばれるようになったそうだ。

②71a塩屋の坂上

「塩屋の坂」から右に曲がると、もうひとつの武家屋敷「南台」。
表通りの本丁と裏通りの裏丁があるが、まずは本丁へ。

寺町にある菩提寺の養徳寺まで
藩主が駕籠で往来できるよう、道幅を広くとってあるのが特徴だ。

南台は北台と違って公開された武家屋敷はなく、すべて一般の民家。
それでも生垣や土塀が綺麗に整えられ、住民の城下町に対する矜持がうかがえる。


[旅行日:2016年4月11〜12日]