②58商人の

城下町には和服が似合う…ということで杵築は全国で初めて「きつき和服応援宣言」を実施した自治体。

平成21(2009)年には全国初の「きものが似合う歴史的町並み」に認定された。

このため市内には着物や浴衣のレンタルショップがある。

さらに和服で散策すると公共観光文化施設の入館料を全館無料にするサービス。

しかも協賛店では食事代の割引やソフトドリンクサービス、お土産プレゼントなどの特典もある。

②56さつき衆楽観

新町に「きつき衆楽観」という芝居小屋がある。

江戸時代、諸国を巡業しながら歌舞伎や人形劇を演じる「杵築芝居」があった。

杵築芝居は専用の劇場を持たず、筵で囲った簡便な小屋で行われていたという。

年を追うごとに人気は高まり、明治時代には6つの劇団がしのぎを削っていた。

明治20(1887)年、全盛期を迎えた杵築芝居に専用劇場「衆楽観」が誕生。

600人以上収容できる大劇場で、杵築芝居の盛り上がりはピークを迎える。

しかし昭和に入ると次第に衰退の一途をたどり、昭和28(1953)年に閉館。

それから56年後の平成21(2009)年、市役所の向かいに復活したのがここ。

市と文化庁の町並み保存事業として、大正時代の酒蔵を改修した劇場という。

柱や梁は「衆楽観」のものを用いていて、往時の雰囲気が味わえる。

また、舞台以外にも食事処やギャラリー、売店や観光交流センターを併設。

大衆演劇の新たな拠点として機能しているそうだ。

②57杵築市役所

きつき衆楽館の向かいにある杵築市役所。

その前に「カブトガニの里」なる碑が立っている。

カブトガニは古生代から姿が変わっていない「生きる化石」。

瀬戸内海から九州北岸にかけて無数に生息していたが環境破壊によって激減。

現在では非常に限られた地域にしか生息が確認されていない。
そのひとつが杵築の守江湾。

絶滅が危惧されたカブトガニを保護するため、市では産卵場所を増やすために砂地の工事を行ったという。

ただ、佐賀県伊万里市や岡山県笠岡市の繁殖地と異なり、守江湾は国の天然記念物に指定されていない。

それはカブトガニの硬くてギザギザした甲羅が漁網を破るなど漁業関係者から目の敵にされているため。

漁業関係の市議会議員らがカブトガニの保護に強硬に反対しているのが原因とか。

食べて美味いわけでもないカブトガニ、それはそれで理解できない話ではないが。

豊後の海には関サバや城下ガレイ、鱧や河豚といった美味が揃っているのだから。

一か所ぐらい「食べられない海の幸」を売り物にした町があってもいいように思うのだが。

②59岩鼻の井戸

天理教会が立つ石垣の下に井戸があり、その横に小さな祠が祀られている。

「岩鼻の井戸」といって、この町筋で唯一の井戸という。

江戸時代は武士も町人も農民も利用でき、町民は藩の命令で井戸を浚っていた。

それほど岩鼻の井戸は町にも藩にも重要な存在で、井戸の守護に祠を建立するのも当然だろう。

「岩鼻」という地名は凝灰岩が突出しているところから命名された。

確かに井戸のある場所だけ歩道が多少狭まっている。

都市計画も大きな岩までは動かせなかったようだ。


[旅行日:2016年4月11日]