②41台の茶屋

邸宅は平成19(2007)年3月、能見家の当主マサさんから杵築市に寄贈された。

翌20(2008)年度から2年に渡って総費用7000万円を超える大規模な保存解体修理を実施。

敷地面積1440平方m、延べ床面積250平方m、屋敷内に玄関の間や上段の間など12部屋を持つ、建築当初の姿が復活した。

同22(2010)年4月1日から市の観光施設として一般公開された。

改修に伴いギャラリーや喫茶コーナー、物販スペースなどを新設。

武家屋敷が街歩き途中の休憩所として生まれ変わった。

食事や甘味などを楽しめる和風喫茶コーナー「台の茶屋」に入ってみる。

1世紀を超えた建造物で味わう抹茶の味、もはや“和風”喫茶ではなく“純和”喫茶の世界。

なかなか貴重なひとときだった。

②42大原邸長屋門

能見家を出ると、隣にひときわ大きく立派な武家屋敷が立っている。

藩の上席家老を務めた大原家の屋敷。

全体的に上級武士の屋敷構造を良好に留めているのが特徴だ。

門は磯矢邸や能見邸のような簡素なものではなく堂々たる長屋門。

これだけで住居の主が並の家臣ではなかったことが一目瞭然。

長屋門は幅八間半(15.46m)、奥行二間(3.64m)もの大きさ。

しかも往時は左側に桁行四間半(8.18m)の建物が付属していたという。

その規模からして藩主御殿に準ずる家老屋敷だったのだろう。

②43大原邸玄関1

長屋門を通って敷石伝いに進むと真正面に式台を備えた玄関が現れる。

式台とは玄関の上がり口にある一段低くなった板敷きの部分で、客に送迎の挨拶をする場所のこと。

入母屋造の屋根を備えた式台は幅二間(3.64m)、奥行一間(1.82m)もの広さがある。

そして玄関前には、ここにも巨大な蘇鉄。

こうした重厚な玄関構造を備えていることもまた、格式の高い家の証だろう。

式台玄関から邸内に入ると八畳の「次の間」を経て十畳の座敷へとつながる。

他の屋敷に比べて壁が赤いのが特徴で、下級武士との差別化を図っているからだそう。

②46大原邸内観2

大原家の特徴は、こうした接客用の表部分と、 居住用のプライベート部分が完全に分離されている点。

単なる個人宅ではなく、藩の重職が公務に使用する公邸としての性格も持ち合わせていたことが分かる。

他にも畳の縁に家紋が入っていたり、室内から弓の練習をするため天井の一部を凹ませてある「弓天井」がある等。

質素堅実な屋敷でありながら随所に格式の高さが見え隠れする点が面白いところだ。

大原邸は最初から大原家の邸宅だったわけではないそう。

宝暦年間(1751~1764)の頃は藩士相川東蔵の屋敷。

東蔵が知行を返上した後は家老新知・中根斎、岡三郎左衛門を経て御用屋敷「桂花楼」に。

天保3(1832)年に桂花楼は大手広場にあった牡丹堂に移り、その後は御用屋敷として続いていた。

嘉永年間(1848~1853)の頃には既に家老上席・大原文蔵の屋敷となっていたという。

いつから大原家がこの屋敷の主人になったかは不明だが、文政年間(1818~1830年)以降と思われる。

それから1世紀以上の時を経た平成元(1989)年、観覧のため一般に開放された。

②49大原邸庭園

656坪の敷地には母屋と、その東側には回遊式の庭園が広がる。

寄棟造の茅葺屋根を見上げると昔の面影が今でも伝わってくる。

この主屋がいつごろ建てられたのかは資料がないので不明とか。

桂花楼時代の建屋が今でも残っているのだとしたら、牡丹堂に移転した天保3(1832)年には既に存在していたことになる。

築山に接して八間ほどの池を掘り、真ん中に中島を築き、石橋が渡してある。

池の周囲には飛び石が配置され、築山と池と中島を回遊できる構造だ。

杵築の武家屋敷の中でも最も整った庭園であり、そこがまた大原家の格の高さを窺わせる。


[旅行日:2016年4月11日]